« アスティネイション新年オフ~in清水 2日目 | トップページ | 1号車vs2号車vsAPB »

2008年3月 7日 (金)

マルチリフレクター

Simage008 オフ会には間に合わなかったのですが、
こんなのも用意していました。
IPFマルチリフレクターヘッドランプHL‐41。
 納車当時は純正のルーカス・シールド
ビームだったのですが、これがあまりにも
暗過ぎるのでリレーを入れ、97年以降の
ミニと同じルーカス・H4ハロゲンに交換
していました。
 しかし、これでもまだ暗い、というよりも
配光のムラが酷いので、丸型としては
最新の技術で造られているであろう、
マルチリフレクターに交換しました。

 ルーカスH4にした時はショップに依頼したのですが、今回は通販で購入して
自力で取り付け。H4化した時にポジション用の配線が追加されていたので、
今回の配線加工はライト側ポジションの端子取り付けのみ。
これはターミナルセットを購入して作業しました。

 問題だったのはライト自体の組み付け。Simage007_2
ライトが嵌まる部分はお椀を2つ重ねた
ような構造になっていて、前側のお椀に
ライトを取り付ける訳ですが、なんと段差の
角が当たって奥まで入らない
そこで棒ヤスリで角をガリガリと削って
すり合わせ。画像の右側が加工後の物。
段差の白くなっている部分が削った所です。
余談ですが、黒いゴムキャップは今回使用せずに組みつけています。

 お椀を外してすり合わせたのですが、いざ組み付けると光軸調整用のバネに
引っ張られて微妙に歪んでしまい、しっかりと嵌まりません。
かなり広範囲を削らないといけない様だったので、ライトを押さえるインナーリムに
先日のグリルボードの切れ端を噛ませて誤魔化しました。
実は最初からそうしようと思ったのですが、ライトが出っ張りすぎてアウターリムが
嵌まらなくなってしまったので諦めております

Simage011 こちらが取り付け後の様子。
デザインが合わないかと思いましたが、
それほど違和感は無いので問題なし。
 肝心の配光もムラが無くなり、均一に
明るくなりました。思わぬ利点として、
無駄に拡散する光が激減した為、
正面から見ても眩しく無いという事も。
ただ配光がシャープになった分、照射範囲の境目がハッキリ分かれるので、
人によっては見辛いと思うかもしれませんね。

|

« アスティネイション新年オフ~in清水 2日目 | トップページ | 1号車vs2号車vsAPB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチリフレクター:

« アスティネイション新年オフ~in清水 2日目 | トップページ | 1号車vs2号車vsAPB »